RIMG0194夕食
 10月6日、昨日の夕食
 ・レバニラ炒め
 ・揚げジャガとアスパラ、ソーセージ炒め
 ・味噌汁(豆腐、したけ、ネギ)

 もやしをたっぷり入れてかさまししたレバニラ。
 レバーは揚げる前に牛乳に浸して臭み抜き

 あと昨日のドーナツレシピがなかったので追加
 しておきます。
 暇な時にでもチャレンジしてください

 
 ホットケーキミックス 80g 白玉粉 80g
 砂糖大匙2          牛乳  大匙5
 溶き卵2分の1個       打ち粉適量

 1.ボウルに白玉粉、砂糖を入れ、少量ずつ牛乳を加えて
   だまにならないようにゴムベラで練る。溶き卵を加えて
   よく練り、ホットケーキミックスを加えてゴムベラでさっくり
   混ぜ合わせる。
 2.手に打ち粉をつけて生地を1つにまとめ、5gずつ分けて
   丸める。7cmにきったクッキングシートの上に丸めた生地を
   6個つなげ、輪になるように置く。
 RIMG0190焼く前
   こんな感じ。(okanはアルミホイルで代用したけど
   あとのこと考えたらクッキングシートをおすすめ)
 3.フライパンに揚げ油を入れ170℃に熱しクッキングシートごと
   生地を入れる。生地がふくらんだらすぐ裏返してシートを取り、
   時々裏返しながらきつね色に揚げる。取り出したらペーパータオル
   の上でよく油をきる。

   
 以上、「サンキュ!」の11月号に載ってます!
 実は創刊号からの愛読者なんですよ。
 もう39世代は過ぎて○年ですけどね

 さて、7日の今日
 この前、水道の修理に父が来てくれた時、10月7日に
 入院すると言う話を父から聞いていたokan
 行って来ました病院へ

 実は大きな声では言えないここだけの話ですが父は・・・・
 


 痔ろうなんです。
 工場で重いものをもつことが多かった父
 そちらの方にかなりの負担が来て発症
 手術すれば治るのはわかっているけどしがない零細企業。
 社長とは名ばかりで従業員以上に働き、機械の修理、
トラックの運転、日祝は子供と遊園地と休む間がない。

 なんだかんだで40年もそのまま・・・
 
 okanの弟があとを継いでるから手術したらと言う周りの声にも
 首をたてに振らずにいたが今年、熱中症で倒れて以来めっきり
 気弱になりやっと手術することに

 「忙しいんやからこんでもいいから。すぐ退院できるし。」
 と言ってくれていたのでブログ始める前なら行ってなかった。
 
 でもブログで父のこと書いてみなさんのコメント読んだら同じ
 世代でもうお父さんが亡くなった方が多い。

 もう平均寿命を過ぎている父。
 いつどうにかなっても不思議はない
 
 以前、okanの祖母が亡くなった時、父が「自分の親はいつまでも
 元気でいてくれるような気がしててな~。そんなはずないのに」

 言ってた。okanもまさにそれ!

 しかも朝から「緒方挙さん死去!!」の報道。
 「71歳で死去やて」と三男
 これを聞いて「今日は絶対、病院へ行く!

 仕事を終えて病院へ
 
 病室へ行くと
 「あ~忙しいからこんでええて言うたのに来てくれたんか」
 すまなそうに言う父
 手術後でも娘のことを気遣うなんて・・・

 その後30分程2人でしゃべってましたが父の
 「もう帰ってご飯の用意したらなあかんやろ。」と言う言葉で
 帰ることにしました。
 「忙しいのにありがとう」 
 「お大事にね」

 帰り道、金木犀の甘い香りがしてなんともいえず温かい気持ちに
 なれました。

 行ってよかった。
 そして行こうという気持ちにさせてくれたブログにコメント下さった
 皆さんに感謝です。ありがとうごさいます。
 今日はちょっと親孝行できました。

  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
人気ブログランキングへ
      ↑
 応援のポチお願いします!