RIMG0390夕食

 11月26日、昨日の夕食
 ・サツマイモご飯
 ・カレイの煮付け
 ・ぶり大根
 ・アスパラのゴママヨネーズ
 ・みそしる(青梗菜、わかめ、ねぎ)

 25日がこってりした夕食だったので一転して和の世界!
 アスパラをゴマとマヨネーズで和えたけど次男には不評でした。
 もっとあっさりした味付けがいいそうです。


 ところで昨日のブログでお話したイーストフード、やっぱり皆さん、
 そんなに怖い物とは思われてなかったみたいですね。
 
 実はokanも家でパンを作る時に入れる砂糖のように
 イーストを発酵させるときに入れる栄養になる物と
 思ってました。

 ところがいざ調べたらサイトによってかなり違いが。
 okanの解釈していたょうなことが書いてある所もありました。

 でも、かなり危険な添加物で遺伝子に傷をつけるとか載って
 いるサイトもありやはりこれは疑ったほうがいいのでは?

 なぜ、パンにイーストフードを入れるのか?
 食パンだを発酵させるのに普通は5~6時間かかるのが
 イーストフードを入れると2~3時間で済むからなんです。

 つまり短時間で大量生産できてコストが安くつく。
 入れた方が企業は儲かるわけです。

 皆さん、パンの添加物表示、見られました?
 okanは4件のスーパーへ実態調査に行ってきました。
 勿論、何日もかかりましたよ~

 あくまでもokanの調べたスーパーの結果!
 食パンでイーストフードが必ず入ってたのは大手Y社。

 このメーカーは以前から添加物が多いと聞いていたので
 okan家ではここ何年も買ってません。

 「○○○○パンはなぜカビないか?」なんて本まで出てるので
 かなり危なそうです。

 あと、菓子パンにはほとんどのメーカーさん、イーストフード 入れてました。
 okanの調べた限りでは神戸屋の菓子パンとPascoの「白い食卓ロール」
 と「麦のめぐみ」、大手スーパー自社ブランドのレーズンバターロールくらいでした。

 これ以外だとパン屋さんで買うしかないのかな?

 でもあることはあるんです。
 たしかにY社のパンはふわふわでカビがはえない。
 
 このカビがはえないの便利なようですがおかしいこと
 なんですよね。

 パンを家で作ったことのある方ならわかると思いますが
 作って2日もしたら固くなって3日もしたらカビがはえます。

 これが普通なんですよ。
 消費者ももっと賢くなってカビがはえないということは
 「おかしい!」と思わなくてはいけないんですよね。

 消費者が買わなければメーカーも考えます。
 現にイーストフードなしのパンを作っているメーカーも
 あるのですからそっちを買うようにすればいいんです。

 あと、今回いろいろ調べていて「え!」と思ったのが
 日本人が1年にどれ位の添加物を摂っているか?

 皆さんどれ位と思います?聞いたらびっくりしますよ!

 サイトによって違いましたがなんと!
 4~8kg!グラムと違いますよ!キログラムですよ!

ですからできるだけいらない添加物を摂らないように
 したほうがいいと思うのです。

 もっと書くつもりだったのに今日はokan、肩こりからくる頭痛がひどくて
 どうにもなりません。

 とりあえず昨日、続きを書くと言ったので根性でここまで
 書きました。尻切れトンボですが今日はここで終わります。

 ごめんなさい!コメントの返事も明日書きます。


               にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
             人気ブログランキングへ